読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

swfファイルのデコンパイラ/デコード

Flash編集ソフトで制作されたswfをデコンパイルするソフトの紹介です。

東京都の株式会社 AHS(エーエイチエス)(英文表記 AHS Co.Ltd.)が販売
する、『Motion Decompiler』。


2011年11月時点で最新版『Motion Decompiler 4』は、Flashオーサリングソフ
トで作成(パブリッシュ)されるswfファイルを解析し、画像やアニメーション
、アクションスクリプトなどを再編集可能な状態にデコンパイル可能なflaフ
ァイル形式に変換するためのアプリケーションです。


最新版ではFlash CS5(11.0)で制作されたswfファイル解析に対応が可能となっ
ており、Flash CS5で作成されたswfファイルも、flaファイルに変換すること
が可能。

Motion Decompilerの特徴は、編集するためのflaファイル入手困難であったり
、紛失した場合にも、出力されたswfファイルがあれば、ファイル解析を行い
、編集することは勿論のこと、flaファイルを作成することができる。

最新版ではFlash CS5にも対応しているので、Action Script 3.0を解析するの
も、入手が難しい画像素材などをとりだすこともできる。


さらに複数のswfファイルから同時にflaファイルに変換してリソース抽出する
機能もある。


■Motion Decompiler 4 の機能詳細説明


【わかりやすいインターフェース】

読み込み書き出し操作についてはわかりやすく分類されていて、機能ごとに操
作ボタンがかわる、リボンバー形体のわかりやすいインターフェースが採用さ
れている。



【swfファイル解析機能】

Flashオーサリングソフトでパブリッシュされたswfファイルを読み込んで、Ac
tionScript記述やリソース抽出などを自由に解析。



【Flash CS5(11.0)対応】

Motion Decompiler4では、Flash CS5(11.0)の解析に対応し、Flash CS5で制作
された最新のswfファイルも解析や抽出、flaファイルへの変換が可能


【Action Script3.0解析機能】

Action Script2.0からAction Script 3.0まで解析が可能。ActionScriptを中
心に作成されたFlashコンテンツも、ソースコードの解析、抽出が可能で、as
ファイルを新たに出力・作成することも可能。



【実行式ファイル/exeファイルからswf抽出】

プログラム形式の実行ファイル、拡張子がexeのFlashコンテンツから、swfフ
ァイルを抽出するツール『EXE to SWF Extractor』機能を新しく搭載。



【リソース抽出機能】

解析したswfファイル内から、通常は取り出すことが困難なリソース(動画、画
像、音声、テキスト、フレームなど)をそれぞれ個別に抽出することが可能。



【複数ファイルの同時変換/抽出機能】

複数swfファイルを変換リストに登録することで、バッチ処理を使用してそれ
ぞれを個別にflaファイルに変換することができる。



【リソースのサムネイル表示機能】

Flashコンテンツの中のリソースを一括でサムネイル表示することが可能。こ
の機能ではリソースの抽出や編集がとても見やすくわかりやすい。



【swfファイル簡易ダウンロード機能】

Motion Decompiler 4では上記の機能のほかに、インストール後にInternet Ex
plorerの『SWF Catcher』機能が追加可能。
この機能を利用して、ダウンロードが困難なswfファイルも簡単に実行できる
ので非常に便利だ。



■無料体験版ダウンロード


Motion Decompiler 4 体験版ダウンロードは、....


記事の続きはこちら ⇒ WEB制作システムズ-Flash制作