読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

Flash-FlexツールMXML言語

MXMLとはXML言語で、Adobe? Flex? アプリケーションのコンポーネントユーザインタフェース配置をする記述です。


MXML記述により、アプリケーションのバックグラウンドの定義をすることも可能で、サーバサイドデータソースへアクセスやユーザインタフェースコンポーネントとデータソース間のデータバインディングなども可能になるようです。


例えば以下のような記述をした場合

]]

idには参照用のプロパティが設定でき、labelにはラベルテキスト、clickではボタン押下時のアクションを記述しています。



Adobe(R)のFlexツールSDKを使用すると、MXMLとActionScriptのコード記述によってクラスライブラリ参照してアプリケーションの開発が可能です。


標準で実装されるクラスライブラリには、コンポーネント(コンテナおよびコントロール)、マネージャクラス、データサービスクラス他すべての機能クラスが同胞されています。


Flexツールでの記述は、Flexコンパイラでコンパイルする必要があり、mxmlcという実行可能ファイルがコンパイルします。


ActionScriptが含まれる場合は、各クラスのimportが必用になります。


簡単にいうと、Flexを使用するとXML記述でFlashの部品コンポーネントを表示させて、あわせてアクションスクリプトも書き込める感じのXML言語記述がMXMLといったところでしょうか。