読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

fla保存形式の非圧縮XFLファイル

Flash Professional CS5では、ファイル保存形式に非圧縮XFLという拡張子の形式で保存可能になっています。


これは、これまでFlashコンテンツの編集をflaファイルやasファイルなどの外部ファイルのみで管理していたものを、細分化してDOMファイルとして個別に管理、編集することが可能になりました。

大規模なFlashコンテンツの制作では役立つようです。


詳細は以下、Adobeサイトよりの引用分に集約されています。


非圧縮 XFL ファイルの操作

Flash Professional CS5 からは、圧縮されていない XFL 形式で Flash ファイルを操作するように選択できます。非圧縮 XFL 形式を使用すると、Flash ファイルを構成する個別のパーツ(サブファイル)を表示できます。このようなパーツには次のものがあります。

Flash ファイル全体について記述する 1 つの XML ファイル。

各ライブラリシンボルを記述するための個別の XML ファイル。

パブリッシュ設定やモバイル設定などを含む追加の XML ファイル。

Flash ファイルで使用される外部アセット(ビットマップ ファイルなど)を含むフォルダー。

非圧縮 XFL 形式で操作することによって、Flash ファイルの各パーツを、...


続きは ⇒ Flash制作のWEB制作システム