読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

ActionScript3.0によるインスタンスのランダム移動

ActionScript3.0によるインスタンスのランダム移動


ActionScript3.0でのステージに配置されたインスタンスMC(ムービークリップ)をランダムに移動させ、当たり判定によってステージ内を浮遊するようなスクリプト記述です。

サンプル例の記述ではムービーを読み込んでから、x座標とy座標に1づつ加算していくので、ステージ右したに移動していき、
特定の座標に到達した時点で、当たり判定をおこない、各座標に対して減算して逆方向に戻ります。

x座標とy座標の当たり判定の数値を同一にすると同じ方向のみの移動になります。



【ActionScript3.0によるインスタンスのランダム移動の記述する前に】

circleはステージに配置されたインスタンスMCでエンターフレームイベントリスナーでxとyの座標をそれぞれ、移動する記述して、ある座標に達した時点で逆方向移動への記述が動くようにすることで可能です。ただし、xとyの移動量に違いをつける必要があります。



続きはこちら ⇒ WEB制作システム-Flash制作