読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

隠し文字(制御文字)の表示AS3.0

ActionScriptソースコード内の制御文字、いわゆる隠し文字を表示させる方法。


スペース、タブ、改行などの文字は、ActionScriptソースコードを編集するアクションウィンドウでは
非表示になっています。


ActionScriptでは当然のようにストリング値の一部ではない2バイトのスペースは、コンパイルエラーを引き起こすため、それらの制御文字を表示させるための、隠し文字表示機能でそれらを削除します。


■[アクション]パネルの右上隅にあるオプションメニュー から [隠し文字/制御文字] を選択します。

■Ctrl+Shift+8 (Windows) または Command+Shift+8 (Macintosh) を押します。



隠し文字の表示には、次のシンボルが使用されます。


○1バイトのスペース==『 . 』

○2バイトのスペース==『 l 』

○Tab==『 >> 』

○改行==『 ¶ 』


ほとんどエラーの原因はシンタックスエラーによるものなので、実用では使用したことがありませんでした。