読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

簡単AS3.0ローディンバー作り方

ActionScript3.0でローディング機能とローディングバーの作成方法と、簡単な作り方と解説や説明を入れて理解を深めてみました。

今回はFlash CS4ドキュメントで作成してみます。


1.ロードバーの配置

新規ファイルを作成して、タイムライン上のレイヤー1のフレーム1に、ローディングバーのイメージを作成します。

矩形ツールで作成しても、Illustratorなどで作成して読み込んでもよいのですが、基本的にはパスデータがよいでしょう。

今回は配置したローディングバーのイメージは、横幅100px 高さ10pxとします。


配置ができたらF8キーを押し、シェイプグラフィックでムービークリップを作成し、自由変形ツールでMCの中心点を左端に指定します。

これは、左端を起点としてバーが伸びるようにするためです。インスタンス名は『lbar』とします。

横幅はこのあとのActionScriptのソース部分の、コンテンツ総サイズとロード完了サイズにロードバーの長さをかける記述があるのですが、わかりやすくするために100pxとしています。

これは実際にどのようなサイズでも問題ありません。


2.アクションスクリプトの記述

次に、ローディングバーを配置したレイヤーと同じ階層に新規のレイヤーを追加します。

追加したレイヤーの1フレーム目をクリックしてアクションスクリプトを記述していきます。
アクションウィンドウが表示されていない場合は、F9キーを押して表示させます。

アクションウィンドウには以下のようなローディング機能とローディングバーの長さを伸ばす記述があります。


今回は、1ラインずつ記述内容を理解してみます。


stop(); //1フレーム目でストップをさせ以下の記述を実行

var info:LoaderInfo = root.loaderInfo; //LoaderInfoクラスを変数infoとして新規で作成。LoaderInfoクラスというのは、SWF ファイルやイメージファイルに関する情報を取得する関数です

root.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,EnterFrameFunc); //イベントリスナーを追加して、Event.ENTER_FRAMEで継続的に繰り返し関数EnterFrameFuncを実行します

function EnterFrameFunc(event){ //イベント実行関数EnterFrameFuncで引数はeventとします。

this.lbar.width = ... 続きは Flash制作のWEB制作システム