読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

ExternalInterfaceとJavaScript通信

ActionScript3.0 クラスExternalInterfaceとJavaScript通信は、HTMLからのJavaScriptをコールするときに使用します。

実はflashコンテンツはセキュリティ上の理由や基本的な仕様から、外部データの通信ややり取りなどは制限などを受けていて、間にJavaScriptPHPなどを中継させる必要などがあったりします。


HTMLで実行・記述されたJavaScriptの処理をflashコンテンツから呼び出す場合、『ExternalInterfaceクラス』を使用します。ExternalInterfaceクラスとは、flashコンテンツとflashプレーヤーのコンテナとの相互通信を実行可能にするクラスです。(javascript データ 受け渡し AS3.0)




【記述例】
アクションスクリプト側
ExternalInterface.call("関数名");

JavaScript
function 関数名(){
var info = document.getElementById("idvalue").innerHTML;
return info;
}

この値

これだけの記述ですが、ところが実際にはalertひとつ呼び出すのに結構時間がかかりました。