読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

JavaScriptとAS3.0連携

今回はフラッシュコンテンツや外部asファイルパッケージ内のActionScriptJavaScriptの連携、外部JavaScriptのメソード(関数)の呼び出しについて習得します。

HTMLページやHTMLページのヘッダー内に読み込まれたJavaScriptは、

『ExternalInterface.call』

で呼び出すだけです。


【 簡単な例】

JavaScriptのjsmethodをコールして二つのパラメータを与えてみましょう。


var callMethod:String = "jsmethod"; //新規変数にコールするJScriptの関数を代入
var str1:String="param01"; //新規変数にjsmethod関数の一つ目のパラメータを代入
var str2:String="param02"; //新規変数にjsmethod関数の二つ目のパラメータを代入

ExternalInterface.call(jsmethod,str1,str2).toString();//これでJScriptの関数をコール


これだけですね。

これで、フラッシュからJavaScriptの連携と呼び出しができるわけですね。


ExternalInterface.callについて