読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

Adobe Flash Lite詳細情報

flash liteについて2009年3月時点での詳細情報のまとめ。



Adobe Flash Lite(アドビ フラッシュ ライト)はアドビシステムズ(前macromedia)が携帯電話器向けに開発したFlash Playerで言語である。



Flash Liteの仕様はFlashとActionscriptを基本にして考案されており、Actionscriptでは携帯とPC版でも多少互換性がある。



携帯電話はメモリやセキュリティ等の関係上、最大容量・外部アクセスが制限されているが、電池残量や電波状況などのデバイス情報を取得できるし、ボタン操作はオンラインのインタラクティブ再生に限定されるものの、制限下ではアニメーションやプログラム実行、サーバデータ連携などが実現可能である。



Java等との違いは、端末キャリアや機種を選ばず、同一ファイルで再生可能なプラグインの強みがある。



■Flash Lite 1.0
Flash 4がベース。
容量制限:20KB


■Flash Lite 1.1
Flash 4がベース。
容量制限:100KB


■Flash Lite 2.0
Flash 7がベース。
2006年9月も対応端末が発売されているがNTTドコモは対応端末を発売しなかった。
容量制限:au 100KB、SoftBank 150KB


■Flash Lite 2.1
Flash 7がベース。
2006年12月国内スマートフォンでも利用可能。

■Flash Lite 3.0
Flash 8がベース。
Flash Video対応。対応機種ごとにストリーミング再生などに制限がある。




2007年11月より対応端末が発売されているが、対応機種がNTTドコモSoftBankの一部に限られる。