読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash制作講座フラッシュ制作講習

FLASH制作からActionScriptによるFlashコンテンツ制作のためのフラッシュ制作講座

ActionScript3 Loaderクラス

Loader(ローダー)とは-ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイドより引用

Loader クラスは、SWF ファイルまたはイメージ (JPG、PNG、または GIF) ファイルをロードするために使用します。ロードを開始するには load() メソッドを使用します。ロードされた表示オブジェクトは Loader オブジェクトの子として追加されます。
テキストまたはバイナリデータをロードするには URLLoader クラスを使用します。

Loader クラスは、継承する次のメソッドをオーバーライドします。これは、Loader オブジェクトが持つことができるのは 1 つの子表示オブジェクト、つまりロードするオブジェクトに限られているためです。次のメソッドを呼び出すと例外がスローされます。メソッドは、addChild()、addChildAt()、removeChild()、removeChildAt()、および setChildIndex() です。ロードされた表示オブジェクトを削除するには、親の DisplayObjectContainer 子配列から Loader オブジェクトを削除する必要があります。


つまり外部SWFファイル、JPGやPNG・GIFなどイメージファイルを読み込むためのクラスだそうです。

AS2でいうところの、
onClipEvent(data) とloadMovie
みたいなもんでしょうか。